小学生の思春期ニキビはなんでできるの?原因はこれ!

小学生の思春期ニキビ、なぜ思春期ニキビはできてしまうのでしょうか。
それは成長ホルモンが原因です。

成長ホルモンの乱れで男性ホルモンが多く分泌されると、皮脂も過剰に分泌されてしまいます。

皮脂が多く分泌されてしまうと、毛穴が詰まりやすくなります。
毛穴が詰まるということは、炎症が起きやすい環境になってしまうということです。

成長は一定の時期を過ぎないと落ち着きません。
ですから、成長期は思春期ニキビを止めることはほぼ無理なんです。

しかし、限りなくニキビを減らすことは可能です。
それは毎日のスキンケアをちゃんと行うことです。

そしてニキビを触ったりしない、潰したりしない、お菓子を
食べ過ぎないということを守るとより効果がアップします。

最近の子供は成長が早いので、小学生でもニキビで悩んでいる子が多いんですよね。

しかし、成長している!ということで、ある程度は覚悟しておかないといけないのかもしれませんね。
大人が思春期ニキビについて正しい知識を身につけて、子供に伝えることが大事です。