中学生のころから悩んでいたニキビ


私は中学生になってから急にニキビができ始めました。

小学校の頃はきれいな肌をしており、ニキビのある友人をからかったりもしていましたが、私自身にもできたことは少しショックでした。

でき始めはやはり違和感があり、無理やりつぶしてしまうことが多く、治りかけて固まってきてもすぐにつぶしてまた再発してしまうという状況が続きました。

ニキビのピークは中学3年生の頃で、この時には半ばあきらめ状態で、ニキビとともに生活していくことを覚悟していました。

市販のニキビ薬を使用していましたが効果はなく、また寝る前に塗っても固まってしまい、翌日の洗顔が面倒になってしまいました。

卒業を間近に控え、何種類か試した薬のうち、ようやく効き目のある薬を発見しそれを朝の洗顔後と夜のふろ上がりに塗ったところ、かなり改善されました。

その後は、中学生のころほどではないにしても、時折顔に大きめのニキビができていました。

もともと野球をやっており、いつも汗ばかりかいていたことが原因かはわかりませんが、野球もニキビの1つの要因だと考えています。

ニキビができても、中3の時に出会った薬を使うことで何とかしのいでいました。

大学生になると、今度は顔の頬のニキビではなく、耳の周辺、もみあげのあたりにニキビができるようになりました。

しかもこれはかなり大きく、しかも無理やりつぶそうとしてもつぶれないような今までとは異なるものであったため、あまりに気になり、皮膚科を受診しました

そこで診断されたのは、結局のところニキビだったのですが、そのニキビがかなり悪化してしまったものということでした。

医療用の針を刺してつぶしましたがかなり出血し、つぶすときにはかなり大きい音がしました。

ですが、病院で処方された市販されていないニキビ薬を塗るとすぐによくなりました。

その薬は全くべとつかず、よく伸びるタイプで、患部以外の小さいニキビにも使用していました。

社会人になってからも、数回大きなニキビに悩まされましたが、何とか大事には至らずにいます。

ですが、時折口の周りに結構大きいニキビができることがあったため、テレビCMをしているニキビ薬を通販で購入し使ったところ、素晴らしい効果があり、すぐに治りました。その薬は、洗顔用と朝・夜用に分かれており、また化粧水もついており、万全のケアができました。

現在はニキビに悩むことはありませんが、その理由として食生活の改善があると感じています。

実家にいたときには、お菓子をたくさん食べ、また脂っこい食事を好んで食べていましたが、一人暮らしを始めてからお菓子をやめ、また自炊するのが面倒で、質素な食事を続けていたところ、ニキビはできなくなりました。

薬だけでなく、食事の改善を行うことで肌の調子を整えることができることにもっと早く気づけば、こうしたことはなかったと思いますが、それでも治ってよかったと感じています。また、サプリメントとしてビタミンB群を摂取していたのも効果的だったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です