ニキビの状態を軽減し続けている


私がニキビに悩み始めたのは中学2年生頃からでした。
顔全体に赤いブツブツが発生し、その中から白ニキビに派生するものがあるという感じです。

ニキビの状態がひどすぎて跡も大量に残っているので、心境としては人前に顔を出すのが嫌でした。
自分で鏡を見ても相当にひどい状態だったので、人と会話する際にも気持ち悪いと思われているのだろうなと思っていました。

そして、ケア方法としては洗顔をマメに行い、化粧水や乳液を付けていましたが、一向に良くなる気配はなく、むしろ悪化し続けました。
結局痛みがひどく流血することも多かったので、皮膚科に行って薬をもらうことにしたのです。

そこでまず言われたことは、洗顔のやりすぎということでした。

皮脂が多いから洗顔が必要と思っていたのですが、肌はそんなに単純なものではなく、私の場合皮膚の表面は脂ぎっているのですが、肌の内部は乾燥しているという非常に厄介な状態だったのです。

なので、洗顔料を使用するのは夜だけにしました。
また乳液を付けすぎてべたついていたので、それも化粧水だけにしました。

基本的にはスキンケアをシンプルにして、状態がひどいときは皮膚科で処方された薬を塗るという感じです。
そうすると、決して綺麗な肌とは言えませんが、ニキビは減っていきました。

もちろんニキビ跡は大量に残っていて、それは今現在もです。

私は現在27歳なのですが、今もニキビはできやすい方です。
甘いものや脂っこいものを食べ過ぎるとすぐに肌に出ますし、他にも体調不良になるとすぐにニキビができます。

しかし、スキンケアだけではどうにもならないことはよくわかっているので、食事や運動に気を付けています。
スキンケアそのものは、洗顔料で洗って、化粧水をつけるだけにしています。

人間の皮膚は体内から作られるので、皮膚の表面からできることには限界があると思います。

またいろいろ付けすぎると皮膚呼吸の邪魔になりますし、肌が自力で整う作用を邪魔するとも言います。

最近は肌断食といって、洗顔料も何も使わない人もいるそうですが、私の肌はべたつくので洗顔料は使用するようにしています。

そして、洗顔料のみでその後の化粧水などをなくすという方法も試しました。
しかしそれだと乾燥するので、最低限化粧水だけはつけています。

その人の肌の状態にもよりますが、私の場合は冬でも乳液やクリームは使わない方が調子が良いように感じます。

肌の乾燥と脂のパランスの問題でしょう。
なるは化粧水も今はいらないかもしれません。

重要なのは、現状のトラブルのみに対して対策を行うということです。肌ケアはやりすぎてもかえって肌の機能を低下させますし、私のようにニキビの状態を悪化させてしまうこともあります。

今はニキビが少ないのでまだ良いのですが、それでも跡はかなり残ってしまっているので、よく調べてスキンケアしておけばよかったと思います。
肌は表面的なケアだけでなく、運動や食事を整え、全身を健康にすることで整います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です