オロナインがニキビに効くって本当?※使うなら赤ニキビに!!


オロナインって比較的どこの家庭にでも置いてある軟膏です。
オロナインの効能を見てみると、やけどや傷に効果があるんですが、ニキビにも使えるんですよ。

ただ、オロナインをニキビに使用するときには、注意しなければいけないこともあります。
正しく使って、キレイにニキビを治しましょうね。

オロナインに効果があるニキビは、赤ニキビというニキビです。
赤ニキビは、文字のとおり、赤く炎症になっているニキビ。

ニキビの周りまで赤みを帯びてしまうので、目立ってしまいますが、比較的ニキビの中では治りやすい状態です。

オロナインを使用するときには、赤ニキビに薄く塗布します。
べたっとぬってしまうと、オロナインの油分がニキビを増やす要因となってしまうこともあるので気をつけましょう。

塗るときには、洗顔後の清潔な肌に塗ってくださいね。
一日に何度も塗るのではなく、夜寝る前に塗るのがオススメ。

軽度なニキビだと、翌日治っていたり、ニキビが小さくなっていることもあるので正しい使用方法を行えば、即効性もある塗り薬だと思います。

ただ、先でもご紹介したとおり、オロナインを塗っていいのは赤ニキビです。
膿んでしまっている黄ニキビや、黒ニキビ、ニキビ跡には効果がありません。

それどころか、繰り返し使用することで、ニキビを悪化させてしまうこともあるのでニキビの種類をよく見て、赤ニキビにだけ使用するようにしましょう。 

オロナインはドラッグストアなどで簡単に手に入る塗り薬なので、手軽にできるニキビケア商品ですが、長期間使用しても治らなかったり、悪化してしまうときには、使用を中止しましょう。

ニキビが悪化してしまったり、自分のニキビはどの状態なのか、見極めが分からない場合にはお医者さんに相談することも大切です。
オロナインは軽度なニキビへの対処法として使うようにしましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です