ニキビをファンデーションで隠すのはNG!!出来ればファンデを使わないで!

メイクをすると気分が上がるし、テレビや雑誌ではたくさんのメイク特集が組まれています。
高校生でも、せっかくならいろんなメイクを楽しみたいですよね。

ファンデーションをすると、ニキビなどの肌トラブルを隠すことができるので高校生でもつい厚塗りになりすぎている子もいるようです。

でもニキビをファンデーションで隠すのは、ニキビにとって悪影響でしかありません。
ニキビが治るどころか、ニキビを悪化させてしまうんですよ。

ファンデーションは、毛穴の凹凸を隠したり、ニキビを隠すこともできますがそれは、ファンデーションが毛穴を塞いでいるからです。

一見美肌に見えますが、メイクをしている間は常に毛穴が詰まっている状態なので肌環境はとても悪い状態なんです。

それにニキビの上からファンデーションを塗っていると、皮脂がたまり、雑菌が繁殖しやすいためニキビを悪化させてしまうことにもなってしまいます。

一日中そのような肌環境で過ごしていて、ニキビが治る訳ありませんよね。

そしてさらに、しっかりメイクを落としたと思っても、洗顔で落としきれなかったファンデーションが毛穴に詰まってしまうということも非常に多いんです。

毛穴が詰まったままだと、アクネ菌が繁殖しやすくなり、結果として新しいニキビができてしまうというわけです。

ファンデーションがしっかり落ちるように、ゴシゴシこすって洗顔をするのも、ニキビを悪化させてしまう原因の一つ。

このように、ファンデーションをすることで、ニキビを悪化させてしまったり、増やしてしまうという悪循環になってしまいます。

ニキビが恥ずかしくて隠したくなる気持ちもわかりますが、できればファンデーションで隠すのではなくニキビが治りやすい環境で過ごすことが大切です。

ニキビを治すためには、ファンデーションは使わず、素肌で過ごすようにしましょう。
高校生の肌は本来、ファンデーションで隠さなくても十分にキレイな肌です。

無理に隠そうとせず、肌を清潔に保つことがニキビを早く治す一番の近道ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です