ザラザラの汚い顎が今ではツルツルの顎になりました


洗顔をしたり、化粧水でケアしたり、いくら清潔に保っていたとしても、気付くとニキビって顔に出来ていたりしますよね。

まず私がニキビについて悩み始めたのは14歳頃の思春期の時期です。
思春期に入ると、心も身体も大人に近づこうとして様々な変化が起こります。

私の場合、身体の変化として一番に現れたのは体重の変化でした。
急激に体重が増え始めてしまい、食べる量も増えていきました。

そして太っている事がコンプレックスとなり周りの目も気になるようになっていき悩みがストレスへと変わっていきました。

そのストレス、更には沢山食べた分も消化しきれず、その脂質や糖質もニキビへ現れるようになっていきました。

一番多く出来てしまった部分は、顎です。

赤くて大きいニキビから細かい色のないニキビ、色々なニキビが出来てしまいました。
顎のニキビはビタミン不足は勿論ですが、胃腸の不調が原因で出来てしまうそうです。

食べ過ぎていた分だと思います。

他に、おでこには大きな赤いニキビができ、背中には触ると少し痛みを感じるニキビが出来ました。

当時の私は「思春期だから仕方ない」と割り切ることを心がけましたが、周りの友達の顎を見るとツルツルで綺麗な顎ばかりで自分のザラザラしている顎の汚さを受け入れることなんてできませんでした。

友達の顎の綺麗さに嫉妬する余裕もないくらい、その時はすごくショックで悲しかったです。

「このニキビはいつか無くなって、みんなみたいな綺麗な顎になれるのだろうか…」

そう思い始めると、更にニキビは増えていきました。

当時流行っていたニキビの薬や、ニキビ用の化粧水など色々試してはみたものの、一向に無くなる気配は感じられませんでした。

諦めかけた私は、もう一つのコンプレックスの太っている体型をどうにかしようとダイエットを始めました。

食べる量を減らしたり、脂質や糖質の多い食べ物を減らしたり、運動をしたりしました。

順調に体重と脂肪が減っていきました。

すると同時に、ずっと悩んでいたニキビもいつの間にか綺麗さっぱり無くなっていきました。
背中のニキビも無くなり、おでこのニキビも無くなっていました。

そして、「汚い」と思っていた顎までもが綺麗になっていました。

友達と同じ「綺麗な顎」になっていたのです。

ケアに成功し、ニキビの原因としてわかったことは、

食べ過ぎ・脂質や糖質の多い食べ物を摂取しすぎていたこと・運動不足

この3点です。

いくら清潔を保っていても、身体の内部に老廃物が溜まっていたら全て顔や身体に現れてしまいます。

不摂生な生活をしていると、その分ニキビへと変わっていくのだと気付いた私は更にダイエットを継続する事にしました。

運動をすると、ニキビ跡も段々無くなっていきました。

いつの間にか、私は「肌が綺麗」と自信を持てるようになっていき周りの人からも「肌が綺麗」と褒められるようになっていきました。

自信に繋がったので、悩みというストレスも無くなり、肌は綺麗に保たれるようにもなりました。

それから、ニキビが出来たり身体の表面上に不調を感じたら自分の不摂生な部分を見直し、運動をするようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です