ニキビの状態を軽減し続けている


私がニキビに悩み始めたのは中学2年生頃からでした。
顔全体に赤いブツブツが発生し、その中から白ニキビに派生するものがあるという感じです。

ニキビの状態がひどすぎて跡も大量に残っているので、心境としては人前に顔を出すのが嫌でした。
自分で鏡を見ても相当にひどい状態だったので、人と会話する際にも気持ち悪いと思われているのだろうなと思っていました。

そして、ケア方法としては洗顔をマメに行い、化粧水や乳液を付けていましたが、一向に良くなる気配はなく、むしろ悪化し続けました。
結局痛みがひどく流血することも多かったので、皮膚科に行って薬をもらうことにしたのです。

そこでまず言われたことは、洗顔のやりすぎということでした。

皮脂が多いから洗顔が必要と思っていたのですが、肌はそんなに単純なものではなく、私の場合皮膚の表面は脂ぎっているのですが、肌の内部は乾燥しているという非常に厄介な状態だったのです。

なので、洗顔料を使用するのは夜だけにしました。
また乳液を付けすぎてべたついていたので、それも化粧水だけにしました。

基本的にはスキンケアをシンプルにして、状態がひどいときは皮膚科で処方された薬を塗るという感じです。
そうすると、決して綺麗な肌とは言えませんが、ニキビは減っていきました。

もちろんニキビ跡は大量に残っていて、それは今現在もです。

私は現在27歳なのですが、今もニキビはできやすい方です。
甘いものや脂っこいものを食べ過ぎるとすぐに肌に出ますし、他にも体調不良になるとすぐにニキビができます。

しかし、スキンケアだけではどうにもならないことはよくわかっているので、食事や運動に気を付けています。
スキンケアそのものは、洗顔料で洗って、化粧水をつけるだけにしています。

人間の皮膚は体内から作られるので、皮膚の表面からできることには限界があると思います。

またいろいろ付けすぎると皮膚呼吸の邪魔になりますし、肌が自力で整う作用を邪魔するとも言います。

最近は肌断食といって、洗顔料も何も使わない人もいるそうですが、私の肌はべたつくので洗顔料は使用するようにしています。

そして、洗顔料のみでその後の化粧水などをなくすという方法も試しました。
しかしそれだと乾燥するので、最低限化粧水だけはつけています。

その人の肌の状態にもよりますが、私の場合は冬でも乳液やクリームは使わない方が調子が良いように感じます。

肌の乾燥と脂のパランスの問題でしょう。
なるは化粧水も今はいらないかもしれません。

重要なのは、現状のトラブルのみに対して対策を行うということです。肌ケアはやりすぎてもかえって肌の機能を低下させますし、私のようにニキビの状態を悪化させてしまうこともあります。

今はニキビが少ないのでまだ良いのですが、それでも跡はかなり残ってしまっているので、よく調べてスキンケアしておけばよかったと思います。
肌は表面的なケアだけでなく、運動や食事を整え、全身を健康にすることで整います。

私が実践してたニキビケア

ニキビにが顔に出始めて一番酷くはれ始めてのは中学2年生の頃、放課後は部活でバスケットボール部に所属していて毎日汗だくになっていました。

お肌の荒れが気になり始めて頃には顔表面のテカリがピークを迎えた頃で、放課後は市販の洗顔フォームでゴシゴシと顔の油を落としていました。

その頃はお肌を常に清潔に保つことがニキビを克服する第一歩だと考えていたので多少過剰に洗顔を繰り替えしていたのを覚えています。

大体ですが1日3回くらいは平均して行っていましたし、周りのお友達もそのくらいは繰り返していたと思います。

ニキビは両頬に始まり次第に額へと広がりました。

その頃はまだ吹き出物との違いすらよく分からず潰して膿を出した方が良いのだろうとやみ雲に皮膚を傷つけてしまったのですが、その間違いに気づいた時は若干深い傷跡を頬に残してしまっていました。

ニキビというのは個人差がありますが思春期後半に体の成長期に見られる皮膚の過剰な反応で主に皮脂のコントロールが成人になるに連れてバランスを整える為のいわば準備段階の時期。

その大事な時期にやみ雲に皮脂を洗い落としていたりまた吹き出物のように皮膚を傷つけてしまっていてはせっかくの綺麗な顔を障害台無しにしてしまうようなものなのです。

かといって何もせずにほうっておくと状況は益々悪くなってしまうばかりか顔全体に広がってしまうこともあります。

それではどうやってニキビをケアしていけば良いのでしょう。

あくまで私の経験なんですが過去に工夫した幾つかの方法から一定の効果を得られた例を紹介しています。

まずは食生活をはじめ良質な睡眠時間など自分自身の体質を改めて見つめ直してみてはいかがでしょうか。

1日3食といった基本的な食事回数を決められた時間にきっちり取れているでしょうか。

私の場合は寝起きが悪く毎朝パンを一切れとか場合によっては抜いてしまうこともしばしばありました。

当然昼食時間までには我慢が出来ず空腹を満たすためについついお菓子等を間食してしまっていたのです。

それでは、毎日の食生活の整えるどころかお菓子に含まれる沢山の植物性・動物性油脂を摂取してしまいまたクラブ活動を通して激しく体を動かすことで本来以上に新陳代謝を促し皮膚を刺激し皮脂の分泌を高めていました。

その結果皮脂が毛穴に残った汗や小さなホコリなどと一緒に定着しニキビといった状況へと成長してしまっていたのです。

睡眠とお肌の関係は成人の方にとっても切手も切れない深い繋がりがあります。

もちろんニキビと旨く付き合っていく上でも全く同じことが言えますし、夜更かしを続けていけばその代償としてお肌のトラブルに悩まされることも決して珍しくはありません。

また長時間の睡眠は皮脂の分泌を促すことがあるので通常適度な時間また良質な睡眠を心がける上では6時間30分程度が良いとされています。

私の場合は受験や定期テストと言った学生の本文がありましたので夜更かしも程ほどに10時くらいに就寝し6時半には起床出来るように親にお願いしていました。

このポイントを半年ほど心がけてから少しづつニキビが落ち着き始めましたし、少なくともそれ以上広がっていく事はありませんでした。

また繰り返していた洗顔も洗顔料を使うときは朝もしくは夕方入浴の際のいづれかだけただしっかりと丁寧に行うように心がけていました。

参考になるかなんともいえませんが一度試してみては如何でしょうか。

中学生のころから悩んでいたニキビ


私は中学生になってから急にニキビができ始めました。

小学校の頃はきれいな肌をしており、ニキビのある友人をからかったりもしていましたが、私自身にもできたことは少しショックでした。

でき始めはやはり違和感があり、無理やりつぶしてしまうことが多く、治りかけて固まってきてもすぐにつぶしてまた再発してしまうという状況が続きました。

ニキビのピークは中学3年生の頃で、この時には半ばあきらめ状態で、ニキビとともに生活していくことを覚悟していました。

市販のニキビ薬を使用していましたが効果はなく、また寝る前に塗っても固まってしまい、翌日の洗顔が面倒になってしまいました。

卒業を間近に控え、何種類か試した薬のうち、ようやく効き目のある薬を発見しそれを朝の洗顔後と夜のふろ上がりに塗ったところ、かなり改善されました。

その後は、中学生のころほどではないにしても、時折顔に大きめのニキビができていました。

もともと野球をやっており、いつも汗ばかりかいていたことが原因かはわかりませんが、野球もニキビの1つの要因だと考えています。

ニキビができても、中3の時に出会った薬を使うことで何とかしのいでいました。

大学生になると、今度は顔の頬のニキビではなく、耳の周辺、もみあげのあたりにニキビができるようになりました。

しかもこれはかなり大きく、しかも無理やりつぶそうとしてもつぶれないような今までとは異なるものであったため、あまりに気になり、皮膚科を受診しました

そこで診断されたのは、結局のところニキビだったのですが、そのニキビがかなり悪化してしまったものということでした。

医療用の針を刺してつぶしましたがかなり出血し、つぶすときにはかなり大きい音がしました。

ですが、病院で処方された市販されていないニキビ薬を塗るとすぐによくなりました。

その薬は全くべとつかず、よく伸びるタイプで、患部以外の小さいニキビにも使用していました。

社会人になってからも、数回大きなニキビに悩まされましたが、何とか大事には至らずにいます。

ですが、時折口の周りに結構大きいニキビができることがあったため、テレビCMをしているニキビ薬を通販で購入し使ったところ、素晴らしい効果があり、すぐに治りました。その薬は、洗顔用と朝・夜用に分かれており、また化粧水もついており、万全のケアができました。

現在はニキビに悩むことはありませんが、その理由として食生活の改善があると感じています。

実家にいたときには、お菓子をたくさん食べ、また脂っこい食事を好んで食べていましたが、一人暮らしを始めてからお菓子をやめ、また自炊するのが面倒で、質素な食事を続けていたところ、ニキビはできなくなりました。

薬だけでなく、食事の改善を行うことで肌の調子を整えることができることにもっと早く気づけば、こうしたことはなかったと思いますが、それでも治ってよかったと感じています。また、サプリメントとしてビタミンB群を摂取していたのも効果的だったと思います。

ザラザラの汚い顎が今ではツルツルの顎になりました


洗顔をしたり、化粧水でケアしたり、いくら清潔に保っていたとしても、気付くとニキビって顔に出来ていたりしますよね。

まず私がニキビについて悩み始めたのは14歳頃の思春期の時期です。
思春期に入ると、心も身体も大人に近づこうとして様々な変化が起こります。

私の場合、身体の変化として一番に現れたのは体重の変化でした。
急激に体重が増え始めてしまい、食べる量も増えていきました。

そして太っている事がコンプレックスとなり周りの目も気になるようになっていき悩みがストレスへと変わっていきました。

そのストレス、更には沢山食べた分も消化しきれず、その脂質や糖質もニキビへ現れるようになっていきました。

一番多く出来てしまった部分は、顎です。

赤くて大きいニキビから細かい色のないニキビ、色々なニキビが出来てしまいました。
顎のニキビはビタミン不足は勿論ですが、胃腸の不調が原因で出来てしまうそうです。

食べ過ぎていた分だと思います。

他に、おでこには大きな赤いニキビができ、背中には触ると少し痛みを感じるニキビが出来ました。

当時の私は「思春期だから仕方ない」と割り切ることを心がけましたが、周りの友達の顎を見るとツルツルで綺麗な顎ばかりで自分のザラザラしている顎の汚さを受け入れることなんてできませんでした。

友達の顎の綺麗さに嫉妬する余裕もないくらい、その時はすごくショックで悲しかったです。

「このニキビはいつか無くなって、みんなみたいな綺麗な顎になれるのだろうか…」

そう思い始めると、更にニキビは増えていきました。

当時流行っていたニキビの薬や、ニキビ用の化粧水など色々試してはみたものの、一向に無くなる気配は感じられませんでした。

諦めかけた私は、もう一つのコンプレックスの太っている体型をどうにかしようとダイエットを始めました。

食べる量を減らしたり、脂質や糖質の多い食べ物を減らしたり、運動をしたりしました。

順調に体重と脂肪が減っていきました。

すると同時に、ずっと悩んでいたニキビもいつの間にか綺麗さっぱり無くなっていきました。
背中のニキビも無くなり、おでこのニキビも無くなっていました。

そして、「汚い」と思っていた顎までもが綺麗になっていました。

友達と同じ「綺麗な顎」になっていたのです。

ケアに成功し、ニキビの原因としてわかったことは、

食べ過ぎ・脂質や糖質の多い食べ物を摂取しすぎていたこと・運動不足

この3点です。

いくら清潔を保っていても、身体の内部に老廃物が溜まっていたら全て顔や身体に現れてしまいます。

不摂生な生活をしていると、その分ニキビへと変わっていくのだと気付いた私は更にダイエットを継続する事にしました。

運動をすると、ニキビ跡も段々無くなっていきました。

いつの間にか、私は「肌が綺麗」と自信を持てるようになっていき周りの人からも「肌が綺麗」と褒められるようになっていきました。

自信に繋がったので、悩みというストレスも無くなり、肌は綺麗に保たれるようにもなりました。

それから、ニキビが出来たり身体の表面上に不調を感じたら自分の不摂生な部分を見直し、運動をするようになりました。

みんなの肌潤糖クリアの口コミは?使い心地はどうなの?


みんなの肌潤糖クリアを使うとニキビが改善されるようです。
使い心地はどうなのでしょうか?

口コミをチェックしてみましょう。

口コミ1
今までずっとコンプレックスだった赤ニキビができなくなりました!
最初は、ニキビ改善するのか半信半疑でしたが、使い続けていくうちに化粧ノリが良くなってきましたし、肌もワントーン明るくなった感じがします。

もう4袋目をリピートしています。

口コミ2
水で溶かして使うタイプなので、少し面倒くさいかなと思いつつも購入しました。
使い続けていくと、ニキビが少しずつ薄くなっていきました。
自分の好きなテクスチャーにできるので、パックすることもできます。

口コミ3
肌潤糖を使っていて、少しはニキビが良くなったけど、劇的に変化しないかもと思って、使うのをやめた途端にニキビがひどくなったんです。
それで、また肌潤糖を使い始めると、ニキビが落ち着いてきました。

それからはずっと肌潤糖を使い続けています。

肌潤糖はニキビ肌の方にとてもおススメです。
気になる方は商品をチェックしてみてくださいね!

小学生の思春期ニキビはなんでできるの?原因はこれ!

小学生の思春期ニキビ、なぜ思春期ニキビはできてしまうのでしょうか。
それは成長ホルモンが原因です。

成長ホルモンの乱れで男性ホルモンが多く分泌されると、皮脂も過剰に分泌されてしまいます。

皮脂が多く分泌されてしまうと、毛穴が詰まりやすくなります。
毛穴が詰まるということは、炎症が起きやすい環境になってしまうということです。

成長は一定の時期を過ぎないと落ち着きません。
ですから、成長期は思春期ニキビを止めることはほぼ無理なんです。

しかし、限りなくニキビを減らすことは可能です。
それは毎日のスキンケアをちゃんと行うことです。

そしてニキビを触ったりしない、潰したりしない、お菓子を
食べ過ぎないということを守るとより効果がアップします。

最近の子供は成長が早いので、小学生でもニキビで悩んでいる子が多いんですよね。

しかし、成長している!ということで、ある程度は覚悟しておかないといけないのかもしれませんね。
大人が思春期ニキビについて正しい知識を身につけて、子供に伝えることが大事です。