ニキビをファンデーションで隠すのはNG!!出来ればファンデを使わないで!

メイクをすると気分が上がるし、テレビや雑誌ではたくさんのメイク特集が組まれています。
高校生でも、せっかくならいろんなメイクを楽しみたいですよね。

ファンデーションをすると、ニキビなどの肌トラブルを隠すことができるので高校生でもつい厚塗りになりすぎている子もいるようです。

でもニキビをファンデーションで隠すのは、ニキビにとって悪影響でしかありません。
ニキビが治るどころか、ニキビを悪化させてしまうんですよ。

ファンデーションは、毛穴の凹凸を隠したり、ニキビを隠すこともできますがそれは、ファンデーションが毛穴を塞いでいるからです。

一見美肌に見えますが、メイクをしている間は常に毛穴が詰まっている状態なので肌環境はとても悪い状態なんです。

それにニキビの上からファンデーションを塗っていると、皮脂がたまり、雑菌が繁殖しやすいためニキビを悪化させてしまうことにもなってしまいます。

一日中そのような肌環境で過ごしていて、ニキビが治る訳ありませんよね。

そしてさらに、しっかりメイクを落としたと思っても、洗顔で落としきれなかったファンデーションが毛穴に詰まってしまうということも非常に多いんです。

毛穴が詰まったままだと、アクネ菌が繁殖しやすくなり、結果として新しいニキビができてしまうというわけです。

ファンデーションがしっかり落ちるように、ゴシゴシこすって洗顔をするのも、ニキビを悪化させてしまう原因の一つ。

このように、ファンデーションをすることで、ニキビを悪化させてしまったり、増やしてしまうという悪循環になってしまいます。

ニキビが恥ずかしくて隠したくなる気持ちもわかりますが、できればファンデーションで隠すのではなくニキビが治りやすい環境で過ごすことが大切です。

ニキビを治すためには、ファンデーションは使わず、素肌で過ごすようにしましょう。
高校生の肌は本来、ファンデーションで隠さなくても十分にキレイな肌です。

無理に隠そうとせず、肌を清潔に保つことがニキビを早く治す一番の近道ですよ。

オロナインがニキビに効くって本当?※使うなら赤ニキビに!!


オロナインって比較的どこの家庭にでも置いてある軟膏です。
オロナインの効能を見てみると、やけどや傷に効果があるんですが、ニキビにも使えるんですよ。

ただ、オロナインをニキビに使用するときには、注意しなければいけないこともあります。
正しく使って、キレイにニキビを治しましょうね。

オロナインに効果があるニキビは、赤ニキビというニキビです。
赤ニキビは、文字のとおり、赤く炎症になっているニキビ。

ニキビの周りまで赤みを帯びてしまうので、目立ってしまいますが、比較的ニキビの中では治りやすい状態です。

オロナインを使用するときには、赤ニキビに薄く塗布します。
べたっとぬってしまうと、オロナインの油分がニキビを増やす要因となってしまうこともあるので気をつけましょう。

塗るときには、洗顔後の清潔な肌に塗ってくださいね。
一日に何度も塗るのではなく、夜寝る前に塗るのがオススメ。

軽度なニキビだと、翌日治っていたり、ニキビが小さくなっていることもあるので正しい使用方法を行えば、即効性もある塗り薬だと思います。

ただ、先でもご紹介したとおり、オロナインを塗っていいのは赤ニキビです。
膿んでしまっている黄ニキビや、黒ニキビ、ニキビ跡には効果がありません。

それどころか、繰り返し使用することで、ニキビを悪化させてしまうこともあるのでニキビの種類をよく見て、赤ニキビにだけ使用するようにしましょう。 

オロナインはドラッグストアなどで簡単に手に入る塗り薬なので、手軽にできるニキビケア商品ですが、長期間使用しても治らなかったり、悪化してしまうときには、使用を中止しましょう。

ニキビが悪化してしまったり、自分のニキビはどの状態なのか、見極めが分からない場合にはお医者さんに相談することも大切です。
オロナインは軽度なニキビへの対処法として使うようにしましょうね。